Columnコラム

プロが教える!お子さまの写真をもっとかわいく撮影するコツ
  • 2017/04/20
  • Category:

入学式や遠足、運動会に紅葉狩りなど、行事やお出かけシーズンの到来で、元気に動き回るお子さまたちの写真を撮影する機会も多くなってきた頃ですね。
パパ・ママの中には、デジタルカメラやスマートフォンを使って、より表情豊かに、よりかっこよくかわいらしく、お子さまの姿を素敵な写真に残しておきたいと思うかたもいるのではないでしょうか。

今回は、今からすぐに実践できる、もっとかわいく撮影するコツをご紹介します。

お子さまの写真をもっとかわいく撮影するコツ

1. 笑顔以外にもシャッターチャンスを向けよう

お子さまの写真を撮る時、ついカメラの前に立たせて「笑って!」なんて言ってしまうものです。

ところが、笑顔に「させた」写真は、お子さまの表情も硬く、単調で同じようなショットばかりになってしまいます。

実際、今泣いていたと思ったら、もう笑っていたりと、ナチュラルな子どもの表情は変化が早く、とどまることを知りません。
泣いた顔、大あくびの顔、おどけた顔、寝顔・・・
「笑って!」といって表情を作らせるより、ありのままの表情のほうがずっとステキだったりします。

名前をよんでこちらをむいた瞬間や、子どもがなにかに熱中しているときなど、シャッターチャンスを増やすことが大切です。

2. ズームや連写などを活用しよう

ちょっと変わった写真を撮影したい場合は、思い切ってお子さまから離れ、周囲の景色や建物などといっしょに撮影してみましょう。
お子さまの小ささが強調されて、また違った雰囲気の写真になりますよ。

また、連写も、子ども写真の撮影にぜひチャレンジしたい機能のひとつです。
お子さまが走っているところ、食べているところなどを撮影すると、動きの変化がよくわかるかわいい連続写真が撮れます。

まとめ

以上、今すぐにでもできるもっとかわいく撮影するコツをご紹介しました。
普段の写真はパパやママにお任せしますが、ぜひお誕生日写真や節句、七五三などのイベントの写真はぜひプロのカメラマンにお任せ下さいね。