Parachute

Parachute

ハウス型フォトスタジオ パラシュート
自由が丘駅から徒歩5分! | 定休日:第2・第4水曜日 | Open:9:00-18:00
マタニティ・ベビー・キッズ753撮影はパラシュートへ♡
自由が丘駅から徒歩5分!

撮影内容のお問い合わせはこちら

03-6459-5288
03-6459-5288

定休日:第2・第4水曜日 | Open:9:00-18:00
マタニティ・ベビー・キッズ753撮影はパラシュートへ♡

Columnコラム

お子さまの記念写真、ちゃんとアルバムに残していますか?
  • 2017/04/18
  • Category:

お子さまが生まれると、毎日が新鮮です。
スマートフォンでシャッターを切る回数も自然と増え、大切な写真はフォトスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらうことも増えてきます。
でも、撮った写真をきちんとアルバムにまとめ続けているママは、意外と少ないのではないでしょうか。

今回は、アルバムの作り方についてのコラムをご紹介します。

アルバムは2種類作っておこう

お子さまの成長を記録に残しておくなら、2つのアルバムを作成するのがオススメです。

1冊目は、「ざっくりアルバム」。
ざっくりアルバムは、普段ママがスマートフォンなどで撮り溜めた写真を残しておくことで、日頃の日常の様子をまとめておきます。
お子さまがあとで写真を見返したときに、懐かしい様子が残っていれば、一生の宝物になります。

もう1冊は、「とっておきアルバム」。
これは、フォトスタジオで撮影した写真を残しておきます。
最近のスマートフォンは非常に性能がいいですが、やはりプロのカメラマンが撮影した写真は全然違います。
また、記念のイベントで撮影するときは、お着物を着つけたりメイクをしっかりして撮影するので、見栄えがすっかり変わることもあります。

「とっておきアルバム」はParashuteにおまかせ

「とっておきアルバム」を作る場合は、土台になる台紙などにもこだわりたいですよね。

Parashuteでは、さまざまな台紙やアルバムも用意しているので、撮影とご一緒に検討されてみてはいかがでしょうか。

http://www.parachute-studio.com/price/

まとめ

バラバラだった写真をつなげることで、お子さまたち自身が見返しやすくなり、成長のストーリーも感じられるものです。

アルバムはそうした日々の鱗片を繋げる架け橋。
この機会に、すてきなアルバムをフォトスタジオで残してみませんか。